何を審査されるの!?わかりにくい!キャッシングの審査

キャッシングの時って何が審査されるの?審査について知ろう

キャッシングを行うときに誰もが気にすることは、
自分が果たしてキャッシングの審査に通るかどうか、ということです。
そもそも初めてキャッシングをする人はキャッシングの際にどのようなことが聞かれるのか、
審査とはどうやって行われるのか、厳しいものなのか、などなにも分かっていないものです。
また、キャッシング経験者でも審査がどのように行われているかはなかなか知らないものです。

そこで、ここでは業者がいったい何を基準にして融資を決定しているのかを見ていきましょう。
それを知ることで、自分はキャッシングに通りやすいのかどうかが見えてくると思います。

キャッシング業者の審査方法と判断基準

審査の方法には、属性ポイント制属性モデル像という2種類の方法があります。
まずは属性ポイント制を見ていきましょう。

属性ポイント制

属性ポイント制のイメージ

属性ポイント制とは、借入を申し込んできた人の職業や勤務形態、
勤続年数、居住形態などの基本的なことを聞いていき、
それに基づいて点数をつけた結果、融資するかどうかを
決めるという審査方法です。

まずイメージを掴んでもらうために下記質問に答えてみてください。
年齢
職業、勤務形態
勤続年数
年収
居住形態
居住年数
電話
健康保険の種類

点数は表示されましたでしょうか?
このような感じで各会社ごとの基準で点数化して属性ポイントを算出しています。
※上記のツールはあくまでサンプルです。

例えば職業では安定していればしているほど点数が高くなります。
安定している代表的な職業は公務員であり、大手のサラリーマンも比較的安定しています。
自営業はそれほど安定しているとはみなされず、パートやアルバイトはポイントが最も低いです。
公務員を最良のものとして5ポイントを与え、職業に応じてポイントが変動します。

この他にも勤続年数が5年以上は点数が高く、1年以下は0ポイントなどとなっており、
居住形態も持ち家には点数が加算され、借家はポイントが加算されない
などとなっているようです(あくまで伝聞によるものであり、詳細な採点の方法は闇に包まれているため、
ここで上げた点数は目安としてください)。

このように計算した結果、最終的に何ポイントを獲得したかによって
融資するかどうかが決まります。また、融資限度額もポイントの多寡によって変わります。
つまり、もっとも審査に通りやすく、融資限度額は高くなるのは長い年月に渡って
公務員や大企業の社員として働いてきた人であり、さらに持ち家に住んでいればベストです。
このような人は限度額100万円以上の借り入れを行うこともできるでしょう。

※実際に借りる場合は下記サイト等もご参考下さい。

Ridetthet:http://www.ridethet.com/

ネットキャッシング活用法:http://supportresist.net/

属性モデル像

次に解説するのが属性モデル像です。
この方法は、過去に取引をした膨大な顧客との取引データをもとにして融資を決定する方法です。

属性モデル像のイメージ

つまり、借り入れの申し込みがあった時には、まず職業、勤続年数、業種、居住形態、他社借入年数、年収、配偶者や子供の有無、他社との取引履歴(クレジットカードの支払に遅れはないか、家賃で携帯代はきちんと支払っているか)などの様々なことを聞いていき、
その結果、出来るだけ同じ条件に近い過去の顧客データを探します。

そして、似たようなモデル像を複数引き合いに出した上で、
それらのモデルが過去にどのような取引を行ってきたかを見ます。
その結果、モデルの中に複数の金融事故や返済の滞りなどの
問題が見られた場合には、その人に対する融資の決定は
降りないということになります。

大手消費者金融業者の多くは、この方法を採用しています
大手消費者金融は経営年数は長く、これまでに多数の顧客と取引をしてきました。
グループ企業のデータを含めると、膨大なデータとなり、
属性モデル像による判断は非常に信ぴょう性が高くなります。

消費者金融の審査は非常に早いという特徴があります。ネットで公式サイトを尋ねると、
「3秒診断」などというものによって瞬時に大まかな融資の審査を行う業者も多いです。
これは複数の属性モデル像を割り出すことによって、瞬時に融資の決定が下せるからです。

したがって、多くの消費者金融では、まず申込者に対して属性モデル像による審査を行い、
貸付不可能と判断した場合には即座に断ります。
そして、融資可能と判断された場合に、勤務先への在籍確認などの作業を行っているものと思われます。

もし、自分はでは返済の自信があり、審査にも通ると思っていたにも関わらず
審査に落ちた人がいたならば、おそらくは抽出されたモデル像に不良な顧客が多かったからです。
そのような場合には、モデル像によって判断されている以上は、
いくら本人に返済の意志があったとしても借入は困難になります。

信用情報機関

信用情報機関を利用するイメージ

銀行系・消費者金融系・信販系の全てにおいて必ず審査の際にチェックされるのが信用情報機関です。
これは全国銀行個人信用情報センター、株式会社CIC、
日本信用情報機構などがあり、金融上の要注意人物の情報は
全てここに掲載されています。

例えば他社での利用履歴や事故情報などは全てデータベース化されてこれらの機関に保存されており、審査の際には業者はこれらの機関に問い合わせて申込者が要注意人物でないかどうかを調べます。
一般に「ブラックリスト」と言われるのはこの信用情報機関に事故情報が掲載されている状況のことをいいます。

もしこれらの機関に事故情報が掲載された場合
その情報は事故が発生してから5年間は掲載されることになります。

キャッシング審査で有利になる条件

では、審査で有利になる情報とはどのような情報なのでしょうか。
申込者から集める情報には、住所や氏名、年齢といった個人情報、年収、職業、勤続年数、
居住形態などになります。そして、それらの申請内容はそのまま鵜呑みにすることはなく、
必ず勤務先へ在籍確認をするなどの方法で裏取りが行われます。
もっとも、モビットだけは特殊であり、申請の際に必要になる書類によって
勤務していることがほぼ間違いないということを確認するため、在籍確認は行われません。

この他、信用情報機関で他社借入件数やこれまでに遅延がなかったがどうかなども照会されます。

キャッシングに有利になる情報には以下のようなものがあります。

職業が公務員・サラリーマン

公務員やサラリーマンは数ある職業の中でも非常に安定している職業です。
そのため、融資を行っても回収できる見込みが高くなるため、
業者側にとってプラス要素として働きます。
このとき、サラリーマンならば勤務先の会社の規模や勤続年数が重要な要素となります。
もし誰でも社名を知っているような大企業で長年勤めていたならば、
それだけで大きな信用を得ることができます。
これとは逆に自営業は安定しているとは言えず、
アルバイトやフリーター、契約社員などは評価が低くなります。

自宅に固定電話がある

自宅に固定電話があると、いつでもつながる電話があることで信用につながります。
もし携帯電話だけでは信用につながりません。
なぜならば、携帯電話はすぐに電話番号を変更することができるからです。

居住年数が長い

持ち家であれば信用が高くなることは既に述べましたが、
借家であっても居住年数が長いことは信用につながります。
これは、一定の場所に長く住んでいることは、地に足がついており、
安定した生活を送っていることの証明になるからです。
反対に、引越しを繰り返しているために居住年数が短い場合にはマイナス評価となります。

他の業者と取引が有り、順調に取引をしている

例えばクレジットカードでのショッピングの支払いなどを真面目におこなっており、
金融事故を起こしていない人、住宅ローンや自動車ローンを遅れることなく
しっかり支払っている人は返済能力があるとみなされるほか、
真面目に返済ができる人であると評価されます。これも審査の際に有利に働きます。

これらは有利に働くものです。勤続年数や居住年数を引き伸ばすことはできませんし、
就業形態を変化させることは簡単ではないため、今置かれている環境で
審査を受けなければなりませんが、参考にすることはできます。

ちなみに、これらの有利になる条件がなくとも、
大きな問題がない人は審査に通る可能性が大いにあります。
業者としても新規顧客の獲得は大きな課題であるからです。

COPYRIGHT© キャッシングの時って何が審査されるの? 2014 ALLRIGHTS RESERVED.